カードローン審査甘い銀行ランキング

銀行カードローン審査ランキングおすすめはこちら!

カードローン審査甘い銀行おすすめはどこ?

イメージ

カードローンと言えば、サラ金や消費者金融の古いイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

誰もいない無人契約機で審査を受けてお金を借りる。少し暗いイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、最近のカードローンは大手銀行や地方銀行、メガバンクなども商品化しているもので、もし心配な様であればそういった銀行のカードローンを利用すると安心して利用できると思います。

 

カードローンが1枚あれば、現金がどうしても必要になってしまった時にコンビニATMから現金を引き出せますし、海外旅行の時は現地の通貨を引き出すことも可能。

 

現在では海外旅行用にカードローンを作る。という方もいらっしゃるほどです。

 

使い方さえ間違わないければとても便利に使えるのがカードローンですが、利用するためには審査が必要です。その審査に落ちてしまうのではないかと不安な方もいるのではないでしょうか?

 

総量規制の制限を受けず、借入れ限度も数百万円と高い銀行カードローンは審査が厳しいという口コミをめにしたことがある方もいるかもしれません。

 

インターネット上では審査が甘い会社のランキングサイトなども見受けられますが、果たして本当にカードローン審査が甘い銀行はあるのでしょうか?

 

たとえば、過去数年の間に、他のローンの返済が何度も滞ってしまったり、返済をしていないなど、信用情報機関があなたの信用情報に悪い評価をつけている、いわゆるブラックリストに載っている状態でも審査に通ってお金を借りられるような甘いカードローンは存在しません。

 

一般的な金融機関でブラックリスト審査OKといったところはないと思って間違いありません。

 

金融事故を起こしていたり、信用情報がブラックだったりという場合には最低でも数年間はローンの借り入れは無理だと考えるようにしてください。

 

反対に、毎月しっかりと安定した収入があるという方にとってみれば銀行系カードローン審査は拍子抜けするほど甘いと感じるのではないでしょうか。

 

現在は消費者金融系のものから銀行系のカードローンへの移行が進んでいる最中です。

 

三菱東京UFJやみずほ銀行といったメガバンクをはじめとして、楽天銀行や住信SBIネット銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行などのネット銀行や、中小の地方銀行までが独自のカードローンを展開して顧客獲得競争を行っています。

 

銀行の側に立ってみれば、優良な顧客に対してはどんどんカードローンを借りてほしいのです。

 

そのため最低金利が非常に安くなったり、借り入れでも入金でもコンビニATM手数料が無料になるなど、サービスた利便性も高くなってきているのです。

 

こういった状況を考えると、通らないとお悩みの方ももう一度他社からの借入れを見直したり、借り換えやおまとめも視野に入れた銀行選びをすることで、審査に通る可能性が高くなるはずです。

 

当サイトがおすすめするランキングをしっかりと参考にしながらあなたにあった銀行をみつけだしてください。


銀行カードローン審査甘いところはない?

イメージ

カードローンのランキングサイトを参考にすると、数ある消費者金融や銀行の名前が連なっています。

 

しかし当然のことながら「審査に必ず通りますよ!」といったうたい文句はありません。

 

審査が甘いとかゆるいという事は、だれでも審査に通ると言うことではありません。結果的に誰にでも「審査が甘いカードローンはない。」という結論になります。

 

やはり、小額の申し込みであっても、ある程度の安定した収入がないと、銀行側も安心して貸せないという事ですね。

 

しかし、だからといってあきらめる必要はありません。収入のない専業主婦の方でも申し込みができる銀行もあります。

 

特に消費者金融と違って銀行の場合には総量規制の制限を受けません。そのため、配偶者の方に安定した収入があれば専業主婦の方でも借りられる銀行もあるのです。

 

つまり、借り入れる人によって状況は変わってくるということ。審査が誰にでも甘い会社はないけれども、厳しすぎる会社もないということです。

 

カードローン審査は数あるローン審査の中でも、簡単な書類の提出で済んでしまう物でもあります。限度額200万円までは原則収入証明書類を提出しなくてもよいなど、限度額によって収入証明を提出しなくてもよい銀行も増えています。。

 

そういった意味で言えば、「審査が通りやすいローン」は現実にあるともいえます。。

 

その証拠に、多くのカードローン会社は「即日審査可能!」「最短30分で審査可能!」といった事を宣伝しています。これは提出する書類が少ない、あるいは必要無いので、こうした最短即日での審査が可能になるのです。

 

ですから、もしあなたが過去にローンに関するトラブルや延滞など金融事故がない場合、一定の収入があれば審査に通る確率は大きいです。

 

信用情報機関に自分の信用情報を請求してみるという手もあります。そこで自分の信用情報に問題ないことがわかれば安心できますよね。

 

当サイトのランキングでは、最短審査時間や即日発行可能かどうか、最高借入限度額、年利などを見比べることができます。

 

審査が甘いカードローンを探すのではなく、自分の都合にあったカ銀行を探すのに用いるのが賢い方法です。


銀行カードローン審査のゆるさは?

イメージ

銀行カードローンは比較的最近になって注目されるようになりました。

 

これまで、個人のキャッシングやローンといえば、プロミスやアコム、アイフルといった消費者金融が提供しているものがその手軽さやサービスの良さで多く使われてきました。

 

漠然と「お金を借りることができるサービス」とをイメージすると、アコムなどの大手消費者金融を思い出す方が大半なのではないでしょうか。

 

それではなぜ銀行カードローンが注目されるようになったのでしょうか?これには消費者金融を規制する大きな流れがあったことが影響しています。

 

過払い金などの問題を含め、消費者金融のキャッシングローンによる影響が大きくなったことで、貸金業法による総量規制という制限が作られました。これにより消費者金融の場合、年収の3分の1までしか貸し出しができなくなったのです。

 

銀行はこの総量規制の影響を受けず、ローンの提供をすることができるため、個人への貸し出しの充実と顧客獲得のためこの分野に進出し、大手の消費者金融をその傘下におさめました。

 

カードローンの審査基準や貸し出しのノウハウを消費者金融から手に入れて、さらに充実したサービスを提供することを狙ったのです。

 

そのため現在ではメガバンクだけではなく、地方の中小銀行まで個人向けのカードローンを用意して顧客獲得競争を行っています。

 

 

そもそも銀行カードローンってなに?

銀行カードローンとはその名前の通り、銀行が提供しているローンサービスのこと。無担保でお金を借りることがことができるサービスです。

 

これまで銀行の融資といえば、住宅ローンなど使用用途が決まっているサービスの印象が強いですが、このカードローンに関しては、用途は原則として自由となっています。

 

最近の傾向としてはフリーローンであるにもかかわらず金利が非常に安くなっているのも銀行系の大きな特徴です。

 

これは大小さまざまな銀行が同じようなサービスを始めて顧客獲得を狙っているため、ネット銀行などが少しでも条件の良い物を提供するために金利を下げ、競争が激しくなったことによります。

 

借り手の側としては、金利が安く、手数料無料でコンビニATMなどで借り入れも返済もできるなどメリットが大きくなっています。

 

 

審査は消費者金融より厳しい?

審査基準に関しては、銀行系カードローンの方が、消費者金融業者が提供してるカードローンよりも厳しいと口コミなどでも言われています。

 

これには、さまざまな理由があるかと思いますが、よく言われるのは「総量規制対象外だから」ということがあるようです。

 

年収の3分の1以上のお金を融資するわけですから、総量規制の制限を受ける消費者金融業者よりも貸し出しの限度額が多くなるため、リスクが高くなります。このリスクを小さくするためには、基準を厳し目に設定する必要がでてくるわけです。

 

これらの口コミや考察はあくまで相対的な話のため、銀行によっては意外と審査が甘いということもありますし、逆も然りです。心配な方は、素直に銀行窓口などで融資の相談をしてみるとよいかと思います。

 

 

総量規制対象外のメリットは?

上でも書きましたが銀行カードローンの大きな特徴は、やはり総量規制の対象外となっていること。消費者金融業者では、総量規制の対象となるため、利用者の年収の3分の1を超える融資はしてはいけないことになっています。

 

対して、銀行系の場合には、年収関係なく、どれくらいなら融資することができるのか?を判断しつつ額が決定されます。
もちろん、上限は無制限というわけではなく、銀行によって限度額が異なります。一般的に最高限度額で融資を受けることができるのは、ごく一部の方だけとなります。

 

また、総量規制の対象外ということで、多くの銀行が限度額数百万円までの場合は収入証明書の提出が不要になっていることが多いようです。収入証明などの書類を用意する手間が省けるメリットは意外に大きなものになります。

 

 

おまとめローン利用時は審査が厳しい?

カードローンの借入れ額が大きくなればなるほど、基準は厳しくなるのは当然ですが、他社の借り入れを一本化するいわゆるおまとめローン、借り換えローンの場合にも審査は厳しくなる傾向があります。

 

他社借り入れをまとめるという性格上限度額も必要になりますし、おまとめを検討するということは消費者金融を含め既存の借入れが多くある方、多重債務の状態の方が多くなるからです。

 

多重債務を解消する、消費者金融などの金利の高いローンをまとめることで毎月の返済を楽にすることができれば非常にメリットが大きいため、銀行カードローンでのおまとめを希望する方も増えているのですが、ハードルは少し高くなりがちだということは覚えておいてください。

 

申込者の中には、カードローンによるおまとめを最後の頼みの綱として頼りにしても、あえなく審査落ちという話は決して珍しいことではありません。

 

確実におまとめローンを借りたいのであれば、少しでも借入金を少なくするなどの努力をすること、そして、口コミなどで成功例が多く報告されている銀行を選ぶことをおすすめします。


カードローン審査は甘い?検討中の方必見!

イメージ

昨今、テレビCMなどで目にする機会も多くなってきたカードローンは上手に使えば非常に便利でありがたいサービスではあります。

 

しかし、その反面、これまでもアコムやプロミス、アイフルなど消費者金融系のキャッシングなどが社会問題になったように借金額が雪だるま式に増えていく可能性も秘めているため、上手な付き合いが必要となります。

 

ともあれ、ここでは、カードローンを検討中の方へ、その種類や審査基準についてお話をしていきたいと思います。

 

 

多くの種類が存在する?

ひとくちにカードローンと言っても、多くの種類が存在するとご存知でしたか?冒頭で記載したように、この手のCMが頻繁に放映されているため「知っている」と答える方が多くいらっしゃるかと。しかし、恐らく、それはあくまで商品としての種類であり、金融機関の種類とは異なります。

 

どういうことか?

 

平たく言えば、銀行が提供しているカードローンも存在すれば、消費者金融が提供しているローンも存在するのです。加えて、クレジットカードのキャッシング機能も同様と考えることもできます。このように、違う業界にも関わらず、目的としては同じ「お金を融資する」というサービスを提供しているのです。

 

銀行系だけをみても、みずほや三菱東京UFJ,りそななど大手メガバンクの提供する商品だけではなく、じぶん銀行や住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行などのネット銀行系のもの、その他でも横浜銀行をはじめとして地方銀行が提供するカードローンなど種類はたくさんあります。

 

また消費者金融系も大手の有名なアコムやプロミス、アイフル、レイクなど様々な会社がありますが、これらもよく調べてみると違いがあるのです。

 

たとえばレイクは以前は消費者金融で有名でしたが、現在では実は新生銀行が提供している銀行系のカードローンなのです。

 

消費者金融系と銀行系の違いはすでに説明していますがまずは、このように金融機関ごとに、ローンサービスが存在することをご理解いただきたいと思います。

 

 

審査基準も大きく異なる

金融機関によって当然、審査基準も大きく変わってきます。ここでは、このような基準についても考えていきます。例えば、銀行系カードローンは、総量規制対象外となるため、収入証明書類が必要ない場合があるが、基準が厳しい傾向が見られること。

 

対して、消費者金融系の場合に総量規制対象となり限度額が低くなるものの審査は甘めになるということ。これだけでも、詳しく研究していくとちょっとした本が書けるぐらいのボリュームで違いがあります。ましてや、ここにクレジットカードも含まれると、さらに情報量が多くなりますが、選び方で迷った場合にはまず当サイトのランキングでおすすめしている銀行を選んで申し込みすれば間違いありません。

 

 

銀行によって審査基準は変わる

当たり前のことですが、銀行ごとでも基準は異なります。消費者金融業者のように、貸金業法にて融資できる範囲が決まっていたり、共通の基準になっているわけではないということです。

 

例えば、Aさんは半年前に始めたアルバイトで生計を立てているとします。とある業者では「安定した収入があるため、問題なく50万円の融資を行います」と判断したとしても、他のとある業者では「半年間しか働いていないから融資は難しい」と判断することも。

 

このように、同じ銀行であっても、見解(審査基準)が大きく異なることは、よくある話です。これは、銀行カードローンの審査でも同様のことがいえます。

 

 

カードローン選びで大事なことは?

大切なことは、各々の業界に基本的な審査基準が存在し、さらには、同じ業界でも業者ごとによっても基準が異なるということ。

 

自分自身が、どこで申し込みすべきか?をよく考え判断をする必要があるのです。

 

 

手当たり次第に申し込むことはご法度

「難しいことを考えずに手当たり次第に申し込めばよいのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、一番手っ取り早い方法であり、審査が通ったところとお付き合いをしていけばよいかもしれません。

 

しかし、実を言うと、カードローンなどの金融商品は、このような一気にまとめて申し込む行為は「審査落ち」となる可能性が大きくなります。

 

理由は、犯罪行為の抑止を行うためです。

 

何処の業者も素通りで審査をパスさせてしまうと、借りられるだけ借りて貸し倒れしたりと、さまざまな弊害が生まれてしまうのです。

 

このような情報は信用情報機関によって管理されているため、直ぐに分かってしまうため、注意してください。

 

だからこそ、しっかりと吟味をして1つの業者に絞って申し込む必要があるのです。

 

いわゆる一撃必殺で決める必要があり、ここではその判断材料となる審査基準などを紹介していきたいと考えているわけです。


カードローンおすすめランキング