カードローンの審査が甘い銀行ってあるの?

イメージ画像

管理人イチオシのカードローンはこれ!

カードローン審査が甘いって本当?

イメージ

皆さんは「カードローン」と聞くとどのようなイメージがありますか?

 

「怖い」「手を出したくない」「借金」といった負のイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。これはいわゆるサラ金(消費者金融)の古いイメージでしかありません。

 

現在では総量規制の影響もあって、消費者金融系のローンだけでなく、大手の銀行やメガバンクからどんどん条件のいいカードローンが出てきています。

 

銀行系なら金利も安く押さえられています。実は消費者金融も今では大手銀行の傘下に組み込まれて以前のような「借金」のイメージとはまったく変わっているのです。

 

使い方と返済方法さえ間違わなければ、カードローンは急な出費の時や海外旅行に行く時など、どうしてもお金が必要になってしまったときの強い味方になります。

 

ここで問題になってくるのが審査です。カードローンを借入れするには審査に通らなければいけません。

 

審査基準をみてみると、安定してある程度の収入があることが求められます。

 

「安定した収入とはいくらくらい?」「フリーターやパート主婦の審査は厳しい?」「専業主婦は通らない?」

 

など様々な疑問があると思います。また、どうしてもお金を借りなければいけないけれど審査が不安。という方にしてみれば審査が甘いカードローンを見つけ出すことはとても大事なことなのです。

 

カードローンによって審査が甘い通りやすい会社と厳しい通りにくい会社があるのでは?と噂になることが多いのもこういった問題に悩む方が多いからだといえるでしょう。

 

実際のところカードローン審査が甘い銀行は存在するのでしょうか?

 

ここでは、カードローンと言えばこの3社というローン会社を比較していきたいと思います。


審査が甘いおすすめのカードローンはどれ?

三菱東京UFJ銀行のバンクイックとは?

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が発行しているカードローンです。

 

バンクイックの特徴は何といっても「即日発行」という所にあります。

 

インターネットからのお申込み・審査の場合には最短で30分で審査結果の回答がもらえます。

 

審査に合格していれば、その日の内にカードが即日発行され、すぐに使用できるようになります。

 

少ない金額を今すぐに借入したい!という時はバンクイックがおすすめです。

 

 

みずほ銀行カードローンは審査が甘い?

次に「みずほ銀行カードローン」ですが、こちらの特徴は2つのプランが用意されている。という点です。

 

普通、カードローンの貸し出しプランは1つで、金利も貸し出し上限額もある程度決まっています。

 

しかし、みずほ銀行カードローンは

 

  • エグゼクティブプラン
  • コンフォートプラン

 

の2種類を用意しています。審査の結果によって銀行側がどちらのプランを適用するか判断します。

 

この二つのプランの違いとは何なのかを見てみると、最大限度額は1,000万円で二つのプランとも変わりません。

 

その他の利用条件も、最短即日利用可能・申し込みはWEB完結・限度額200万円までは収入証明書が不要とこれらも同じなので借入れ条件やサービスは変わらないことになります。

 

二つのプランで違うのは金利についてです。

 

現在、新しくなったエグゼクティブプランの金利は年3.0%〜7.0%と非常に低くなっています。この金利の幅は利用限度額によって細かく決まります。3.0%は限度額が800万円以上1,000万円以下で引き下げ適用後の金利です。

 

コンフォートプランの場合の金利は年3.5%〜14.0%と上限金利が高くなっています。そのため審査もそれほど厳しくならないことが予想されます。

 

焦らず、長期計画で返済をしていきたい場合はみずほ銀行カードローンが良いでしょう。

 

 

オリックス銀行カードローンの特徴は?

そして、「オリックス銀行カードローン」ですが、こちらの特徴は、借入残高が30万円以下の場合、月々の返済額が7000円からOKといった手軽さが人気の商品です。

 

また、最高限度額が800万円までと高額なので、大きな金額をすぐに借入したい。複数あるローンを1本化したい。という時はオリックス銀行が良いと思います。

 

口コミでの評価をチェックしてみてもオリックスは審査が甘いといわれることがあるようです。

 

どの銀行も借入前には審査があり、総量規制の影響を受けない銀行系カードローンですから審査が甘いとかゆるいと言い切れるほどではないかと思いますが、ただ一般的な収入がある方の場合は即日借入れの可能ですし、それほど審査について神経質になる必要はありません。

 

また、審査の最には収入証明や保証人が必要なのでは?と思われがちですが、こちらも総量規制の影響を受けない銀行系ですから一定の限度額までは収入証明の提出は原則として必要ありません。

 

  • バンクイック→100万円以下
  • みずほ銀行カードローン→200万円以下
  • オリックス銀行カードローン→300万円以下

 

限度額が上記の場合、収入証明や保証人は不要になります。それぞれの特徴を考慮した上で、どの銀行を選ぶのがよいかを検討することをおすすめします。


カードローンは自分の都合に合わせて選ぶ!

イメージ

カードローンの借り入れを希望する方の状況はさまざまで、年齢や職業、性別、借入れ希望金額、これまでの信用履歴、返済履歴、現在のローンの金額、家族構成など人によってまったく異なります。

 

そのため、誰にでも審査が甘いカードローンや、逆に誰にでも厳しいカードローンというのはありません。

 

人によっておかれている状況が違うため、まったく同じ基準で審査を行っていても、基準がゆるくて借りやすく感じたり、借りにくく感じるものなのです。

 

たとえば、甘い審査で、収入がない無職の人でも簡単に通ってしまうようなカードローン会社は借りるときはいい会社だと思っても返済するときになればとても怖い会社になります。

 

健全なローン会社は、必ず「返済できる」という事を前提に金銭のやり取りを行います。返済できる見込みのないお金を貸すことも、借りることも非常に危険なことなのです。

 

カードローンを利用される方の多くは、数万円程度のちょっとした金額をすぐに借りたい。という方がほとんどです。

 

その場合、先ほど紹介した、バンクイック・みずほ銀行カードローン・オリックス銀行カードローンをはじめ、他のカードローン会社についてチェックして自分の希望借入金額と希望返済方法に応じた会社を選ぶことが賢い利用方法ではないでしょうか。


カードローン審査が少しでも甘い銀行を選ぶには?

イメージ

基本的にカードローンの審査が「甘い」という会社はない。と先ほども書きましたが、数あるローン会社があるので、「審査に通りやすい・ゆるい」という金融機関はあるでしょう。

 

もしそういった会社をお探しであれば、当サイトのランキングを参考にされてみると良いと思います。

 

先ほどご紹介した

  • バンクイック
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

の3社も、比較的審査がゆるく通りやすいカードローン会社になります。

 

その理由は、どの銀行も総量規制の制限を受けませんし、審査が通れば即日でカード発行になりますし、インターネットから審査の申し込みが簡単にできる。そして借入れ返済の手数料も必要ないなど利便性も非常に高いからです。

 

ですが、借入出来る限度額は希望は提示できますが、決定は銀行の審査結果によるので、必ずしも希望額が借り入れできる。とは限りません。

 

これは3社に限らず、どのカードローンでも同じですので、頭に入れておきたいポイントです。

 

さらに、銀行によってはその銀行の口座があると、スムーズに取引できるといったシステムを導入している所もあります。3社の中で言うと、みずほ銀行カードローンがそれに該当します。

 

また、銀行によって、金利の優遇キャンペーンや新規申し込みの方限定のキャンペーンなどを行っている所もありますので、借入するときはその時期を狙って申し込みするのもお得な借入方法です。


金融機関別に特徴をチェック!

イメージ

銀行カードローン審査の特徴は?

上でも書いたように現在では大手都市銀行やメガバンクだけではなく、中小の地方銀行や信用金庫などほぼすべての銀行が独自のカードローン商品を提供しています。これらの商品にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

 

銀行を利用する前に、大事なポイントを押さえて、さまざまな知識を身に付ておくことで借り入れでの失敗を防ぐことができます。そのため、ここでは簡単ではありますが、そのメリットとデメリットについて触れていきたいと思います。

 

 

メリットは収入がなくても通る可能性があること

銀行カードローンには、多くのメリットがあり、1つだけに絞って紹介することが難しいほど。ただ、敢えて1つに絞るのであれば、収入がない場合でも銀行カードローンを利用できる可能性があるということがあげられます。

 

消費者金融では、総量規制の制限を受け、他社借り入れを含めて年収の3分の1までしか借りられないと決まっているうえに、貸金業法により「収入のない方への融資はしてはいけない」とされています。

 

そのため、借入れの際にはいくらくらいの収入があるのかを明らかにするための収入証明書などの書類を提出する必要があるのです。

 

一方で銀行の場合は、貸金業法に則って運営をしているわけではないので、総量規制の制限を受けないため、融資しても問題ないのです。

 

そのため消費者金融系の場合には借り入れが難しい専業主婦の方の場合でも、銀行によっては配偶者の方に安定収入があれば申し込みが可能なところもありまし、限度額が低い場合には収入証明書類の提出が必要ない銀行も多いのです。

 

ただし、やはり収入がないということもあり、専業主婦や無職の方の場合には審査基準が厳しいものになることは頭に入れておきたいところ。パートやアルバイトなどで一定の収入があるほうが有利なのは間違いありません。ちなみに、某銀行では、この先、収入の見込みがあると判断された場合は、融資を受けることができた実績はあるようです。

 

 

銀行のデメリットは?

デメリットは、やはり審査が厳しい場合もあるという点でしょう。どうしても利用したいとなった場合でも、確実に通るとは限らず、消費者金融系のローンよりも相対的に比べると厳しいことは間違いありません。

 

例えば、先のメリットの面でも挙げましたが、収入証明がなくとも審査ができるというお話。銀行側からいえば、相当のリスクを背負うことになるため、そういった点は限りクリアにしたいわけですね。結果、基準が厳しく人によっては通りにくいということになるのです。

 

ただし、ここで落ちてしてしまった場合は「借入れができたとしても完済できないかもしれない」と判断されたということ。それでも無理に借りるようなことをすれば、すぐに返済が苦しくなって多重債務者の状態に陥ったり、任意整理をすることになったりと決して明るくない未来が待っているかもしれません。

 

考え方によっては、最終的にお金のやりくりが苦しくないようなことが目に見えており、それを防ぐことができるのですから、ある意味では、メリットといえるのかもしれません。

 

 

消費者金融系カードローンの特徴は?

アコムやプロミス、レイクといった大手の消費者金融系のローンは今ではほとんどの会社が大手銀行の傘下に入っていることをご存知でしょうか?大手の銀行は消費者金融系と銀行系の2種類のカードローンを提供していると言ってもいい状況なのです。

 

そんな中で現在の消費者金融業者とは、どのような特徴を持っているのか?サービスを利用する上では必要な知識のため、ぜひご一読をお願いします。

 

 

消費者金融の特徴は手軽さ

消費者金融業者が提供しているローンの特徴は何と言ってもその手軽さです。ずっと以前から個人向けのキャッシングサービスを提供してきた実績から来る使いやすさと手軽さゆえに、あたかも自分の銀行口座からお金を引き出していると錯覚してしまう危険性があるのも事実としてあります。

 

しかし、この問題をしっかりと把握しクリアにしてさえいれば、困っているときに役立つ非常に便利なサービスに変わります。

 

例えば、急な出張で手元にお金がない場合、基本的には会社のお金だと思いますが、立て替えて、後日、精算となることも。もし、お金がなく上司など頼るところがなければ、この手のサービスを利用することで、問題なく回避することができます。

 

また、会社からお金が返ってきて直ぐに返済すれば、利息0円とすることもできるのです。(消費者金融業者によっては、30日間無利息サービスなどがあるため)このように、長年個人向けにサービスを行ってきた実績から手軽に融資を受けることができることが特徴となります。

 

 

審査が銀行と比べて甘い!

特徴である「手軽さ」は、借入れ審査の場合にも同様のことが言えます。銀行系の商品と比べると口コミでも審査が甘いと評価されることが多いのです。とにかく「即日でキャッシングできる?」「とりあえず借りたい!」という場合に最適なサービスだといえるでしょう。

 

ここで注意しなければいけないのが総量規制について。総量規制対象となっていることが、消費者金融の特徴ですが、この総量規制のおかげで逆に言えば審査が甘くできるということがいえます。

 

要は、貸金業法自体が、利用者に対して過度な融資を抑制するためのもの。したがって、ある意味で、この貸金業法をクリアしていれば「限度がくが高い過度な融資にはならない」ということに。結果、ある程度基準を甘くできるわけです。

 

消費者金融系のカードローンを借り換えやおまとめで利用したい場合にはどうしても総量規制の問題で使いにくかったり、金利が高くなるのであまりおすすめできませんが、ちょっとした利用の場合には垣根が低い消費者金融系を利用することをおすすめします。

 

 

消費者金融系の選び方は?

テレビCMなどでもおなじみの大手の会社だけでもアコムやプロミス、レイク、バンクイック、アイフルなどすぐにたくさんあげることができますが消費者金融系カードローンを選ぶときはどのような基準で選べばいいのでしょうか?

 

消費者金融にはあまり大きな差はないと思い「何でもいいや」という考えで選んでしまう方がいらっしゃいます。それも1つの選び方なので否定はできませんが、できることなら、しっかりと比較してあなたが一番良いと思う会社を選ぶことをオススメします。ここでは、基本的な選び方についてお話をしていきたいと思います。

 

 

ズバリ「大手業者かどうか?」で選択する

消費者金融業者の基本的な選び方は、やはり利用する業者が大手かどうか?

 

中堅業者が悪いというわけではありませんが、どうしても安心感の面では、大手の方が優れているとしか言いようがありません。

 

サービスの充実や使いやすさといった点でもやはり大手の会社は優れています。そして、扱っている商品が「お金」だけあって、この安心感は非常に重要な要素となってきます。

 

結果、大手業者なのか?を判断基準に選んでいくことをおすすめするというわけです。

 

 

金利とサービス内容を比較する

もし利用しようと悩んでいる業者が、共に大手消費者金融だった場合はどうするべきか?アコムとプロミスどちらがお得かご存知ですか?

 

どちらを選べば良いのか簡単に言えば、金利とサービス内容の比較がキーポイントになります。金利は言うまでもなく、返済総額が大きく変わってくる部分なので0.1%でも低いものを選びたいところ。

 

そして、もう1つ重要なことは、サービス内容(サポート体制)がしっかりとしているか?ということ。たとえば、はじめての利用の場合には30日間無利息期間がついてくるなどのキャンペーンを行っている場合があります。

 

こういったお得なポイントもしっかりと比較しておくことが大事なのです。

 

お金のトラブルに発展したときに、親身になって相談に乗ってくれるなど、利用者を大切にする業者か?も大切な選び方になります。

 

 

審査はいずれも甘めなので大きな差はない

消費者金融系のカードローンを発行しようと思ったとき、特徴として審査が甘めということが挙げられます。銀行系と比較した場合の相対的なものですが、業界全体で通ずる部分でもあります。

 

したがって、消費者金融業者では、審査の厳しい・甘いで業者選びをするのは、あまり大きな意味を持たない可能性があります。

 

ただし、専業主婦の方や求職中の方の場合には消費者金融系は逆に厳しくなることがあるので注意してください。結局のところ、先で挙げたサービス内容・金利・大手か?の内容で選んでいくことをオススメします。


カードローン審査に通らない?心配な方必見!

イメージ

カードローンを利用しようと、さまざまな情報を集めていると、こんなことをよく耳にします。

 

「銀行は審査が厳しい」「消費者金融は審査が甘い」ということ。

 

実際のところはどうなのか?正直なところ、利用する側にとっては全くわからないというのが本当の答えです。

 

あくまで、甘い・厳しいというのは、相対的な話であり、絶対的な話ではありません。人によって収入も職業も、これまで気づいてきた信用情報も借金の状況も異なるので、一概に言えるものではないのです。

 

また、基準が表にでることはないため、甘い、ゆるい、厳しいなどの比較をするとしたら相対的に見るしか無いのです。これを踏まえ、以下より「審査の厳しい?」「審査が通らない?」ということについて触れていきます。

 

 

厳しいのは当たり前?

利用者(申込者)にお金を貸しても問題のない人物か?ということをこれまでの借入れ状況や、返済の状況、そして職業や収入などを元に判断するのがカードローンの審査です。

 

平たく言ってしまえば、これまでに返済が遅れがちだったり、金融事故を起こしていたり、多重債務者であったりといった問題を抱えていれば、審査が厳しくなるのは当たり前のこと。

 

もし友人に「お金を貸して」と言われても、過去に何度も貸したのに返してもらっていなければ、いくら友人であっても貸したくありませんよね?それと同じことです。

 

したがって、通らないとか厳しいと感じている方は、この手の問題が全くないか?を振り返ってみてください。

 

費用はかかりますが信用情報機関に自分の信用情報を請求してみると言うのもひとつの手段です。

 

もし心当たりがあるのであれば、審査が通らなくて当たり前で、もし通ったらラッキーというスタンスが基本となります。

 

逆に、全く問題がないような人物であれば、銀行だろうが消費者金融だろうが、問題なく借りることができるので「甘い」とも言えるわけですね。

 

 

審査に通りやすくするには?

結局のところ、信用されるような状況にするしかありません。とはいえ、これは直ぐにできるものではありません。一度ブラック情報が載ってしまうと、最低でも5年はその情報が残ると思ってください。

 

信用情報や収入に問題がないのに借りられなかったという場合には書類の不備なども考えられます。もうひとつはこれまでにまったく借入れやクレジットの情報がないことによるもの。お金を借りて、きちんと返済することで信用を得られるという面もあるのです。

 

そういった場合には作りやすいとされるクレジットカードやカードローンを選んで申し込みをしなおしてみてください。

 

 

審査基準の真実!

カードローンについて調べると、さまざまな情報が錯綜しています。口コミなどでも、甘いとか厳しい、通りやすい、通りにくいといったことが言及されることが多いようです。

 

それだけ、気になっている人が多いということなのですが中には「本当に?」という眉唾ものの情報が多いことに気がつきます。

 

ここで紹介するのは、既存に借入がある場合の基準、つまり他に借金がある場合の審査について早速、以下より、詳しくお話をしていきたいと思います。

 

 

既存の借入額は審査に大きな影響を与える

結論から言えば、他に借金がある、他社から借入しているという状態で申し込めば、大きく影響を与えることは間違いありません。

 

特に、消費者金融系のローンであれば、すべてあわせた借入れ額が総量規制で定められている年収の3分の1にならないか?のチェックをしなければなりません。

 

ちなみに、クレジットカードのキャッシングも総量規制対象となります。あまり気が回らない部分でもあるのでこちらも借入をしている場合は、注意をしてください。

 

もう1つ、余談として、影響させたくないという理由で、他社からの借入をしていることを隠す方がいらっしゃいます。これらはあなたの信用情報を照会すれば直ぐにバレてしまうため、絶対に隠すことは辞めましょう。逆に心象を悪くし、審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

ともあれ、繰り返しになりますが、既存に借入している場合は、大きな影響を与えることは間違いありません。特に多重債務の状況になりそうな場合にはかなり難しいと考えておいてください。

 

 

1つでも多く完済すること

もし、複数社から借入をしているのであれば、銀行や消費者金融へ新たに申し込む前に、1つでも多く完済することに努力してください。「完済した」という事実は、大きな評価アップに繋がります。

 

特に、銀行が提供しているおまとめローンを利用したいときには、非常に有効な「情報」なので、苦しいかもしれませんが、努力する価値は大いにあります。


カードローンおすすめランキング